Fluttering Frame
Single-channel video Single-channel video
クラウド・ソーシングを利用して、31ヶ国 54人の参加者によって作られた映像作品。日本の公共放送であるNHKの番組「テクネ:映像の教室」にて放送された。NHKが1日の放送の終わりに流していた日本国旗がはためく映像を、世界中の人のリビングルームのテレビに写してもら い、そのリビングルームごと撮影した映像を収集。映像の断片をつなぎあわせて旗が揺らめく様子をアニメートした。インターネットの時代に国という枠組みが どれだけ意味を持つのだろうかという疑問から出発し、国のシンボルである旗を世界中に拡散させることで、国のありかを探った。 Fluttering Frame is a crowd-sourced video work created by 54 participants from 31 countries. It was aired on Japanese public broadcasting NHK's program "Techne - The visual workshop". NHK typically airs a video of a Japanese flag at the end of each broadcasting day. The artists asked participants from all over the world to air this footage in their living rooms (the signature NHK sign-off footage, seen in various other nations around the world), and collected these video pieces including the living rooms, animating the flying flag by combining fragments from each video. The project started with as a simply query about the relevance of projecting a national framework like this in the age of the internet.
2013 テクネ: 映像の教室 (NHK) 2013 Techne: The Visual Workshop (TV program on Japan Broadcasting Corporation / NHK, Japan)